国中男児バレーボール界について危惧している状況といずれを考えてみました

前回の五輪では婦人が久々のメダル(銅)を獲得しました。低迷しているバレーボールでしたが悲願のメダルを獲得してかなり嬉しかったと今でも記憶してある。
バレーボールといえばその往年婦人は「東洋の極悪」のベスト現代、ダディーもミュンヘン五輪などでメダルができる強力でありました。けれども最近は世界的なレベルアップやスゴイ身長のギャップもあり国内は低迷しています。とりわけダディーです。レベルの関係なくバレーボールは人気があるのでインターナショナル遊戯などはとにかく中継されます。ワールドカップも開催国という「サポート範囲」でいつも参加しています。けれども客は黄色い歓声ばかり、挙句の果てに序の口はアイドル群衆の歌や手当てです。何ら「事象」です。そうして国内が決めたタイミングだけ大きなエールです。それでも概して最下位あたりでしょっちゅうビッグイベントは終わります。敗因はおよそ分かります。ほんとに「サーブ」が入らない。ジャンプサーブ以外のサーブだと崩せないという本意は分かりますが、そもそも入らなかったら「意味がない。」もコーチらは捻くれるどころか「頷いて」ある。客も失敗した時折「溜息」を漏らしてある。あれだけ間違いをすればコケるのは火を探るより明らかです。人気があるから負けても捨て置く、という雰囲気が至極感じられます。このままでは次回の都内五輪も参加は危ういと思います。先日、ダディーのプロデュースが中垣内ちゃんになりました。かつての名アタッカーです。それでも仕込力があるかどうかはからきし分かりません。かつてのファンタジスタがクラブを立て直していただけるのかどうか、どうにも不安です。一方の婦人は中田久美ちゃん。こちらはセッター郷里であり、丈夫で産業団のプロデュース先人であり、クラブを優勝させてあるという「業績」があります。こちらは次も期待できますが、いったいどうなっていくのでしょうか。ボルサリーノ

日にちの過ごし方は人によって全然違うものですね

みなさんは店先が休み、何をして過ごされていますか。
私の近くは一際色々な見聞きをしないと負債だという方針で、休みも午前5時折起床して、マラソンをしたり散策をしたり、常に体を動かしています。
その後はランチに出掛けてフォトをインターネットブログに上がったり、そこからまた歩いて真新しいお店を探し回ったり、ともかく動き回って楽しいことを見つけないと負債だと想うらしいのです。寝ているタームが悔しいと言います。
あたいは真逆で休みはできる限り家で越します。夕方まで寝ていることもあります。ただ寝ているだけですが、ボクにとってはこれが幸せでたまりません。休みに出かける件ができると気分が下がります。できる限りおいおい目指すんです。
こういう隔たりって一体なんなんでしょうね。
どちらにしろ愉快と感じるタームを明かすことが大事なのでしょうね。するっと小町に効果はあるのか